節分祭

 
二月節分に行われる

蘇民将来の古事にならって「茅の輪」を参拝者に授けられる。
節分に行なうこの行事は全国でこの社しかない。
正しく須佐之男命にゆかり深いことの証拠である。(日本民族学会報に大森志郎博士が論文を書いておられる)

蘇民将来(そみんしょうらい)

昔、北の海におられた武塔神(むとうのかみ)と称される神が、南の海の神の娘のところへ行かれる途中で日が暮れてしまった。そこに蘇民将来と巨旦将来(こたんしょうらい)はという二人の兄弟がいた。兄の蘇民将来は大変な貧乏だったが、弟の巨旦将来は大変金持ちで、家も蔵も百ほどもあるような富豪だった。神は一夜の宿を弟の巨旦将来に頼まれたが、けちな弟は泊めることを断ったので、兄の蘇民将来のところへ行って一夜の宿を頼まれると、そこでは快く迎えた。しかし貧乏なので、敷物の代わりに栗殻を敷き詰めて座にし、栗飯を炊いてさしあげ手厚くもてなした。それは蘇民にとって精一杯のもてなしだった。

一夜明けて神はそこを出発され、幾年か経った後、八人の子を連れての帰り道、蘇民将来のところへ立ち寄られた。そして「巨旦将来への報いと、一夜の恩を受けたお前のために何かしてやりたいが、お前の子や孫達はおるのか」と聞かれると、蘇民将来は「私と娘と妻がいます」と答えた。すると神は「茅の茎で作った茅の輪(ちのわ)を腰につけておきなさい」と言われたので、言われるとおりにした。ところがその夜のうちに、蘇民と妻子以外の、周りに住む人々がことごとく死に絶えほろぼされてしまった。

その時神は「私は須佐之男命である。今から後の世に疫病がはやれば、お前達は“蘇民将来の子孫”といって、茅の輪を腰につけなさい。私の言うとおりにすれば、茅の輪を腰につけた者は疫病から免れるだろう」と言われた。

この故事から「茅の輪(ちのわ)」は疫病除け、悪災疫除けの霊力のある神符といわれている。

須佐神社では、毎年節分祭に茅の輪を授与し、また「蘇民将来之子孫」と記した守護札を授与しています。 節分の日に参拝した人々は「茅の輪」を受け首にかけて持ち帰り、玄関や入り口に掲げ疫病除け、悪災疫除けの神符としている。