須佐之男命(すさのおのみこと) 御魂鎮めの御社

出雲国風土記に、この国は小さい国であるがよい処である。
それで「自分の名は石木につけない、この土地につける」と須佐之男命が仰せられて、大須佐田、小須佐田を定められ、自分の御魂を鎮められたという意が掛かれてあり、即ち御名代として又大神の御本宮として 霊験あらたかな御社です。

境内・社有地でのご協力のお願い
お問い合わせ

須佐神社からのお知らせ

現在、お知らせはございません。